簿記総合情報

簿記講師が、日商簿記2級の出題区分改定を分かりやすく紹介

更新日:

みのり
ご覧頂きありがとうございます。この記事は、現役の簿記講師の「みのり」が執筆しています。
 
ご存知の方も多いと思いますが、日商簿記検定の2級において平成28年6月の試験より試験区分の大幅な改正が行われています。
 
簿記検定の出題区分については、法律の変更による勘定科目の変更や出題範囲の若干の変更など、今までにも細かな改定はありました。
 
しかし、今回はかなり大幅な改定が行われています。
 
ちなみに、日商簿記2級は商業簿記と工業簿記の2科目がありますが、今回変更されるのは商業簿記だけで工業簿記は変更の心配はありません

出題区分の変更の概要

出題区分の改定

出題範囲の追加について

​1つ目の大きな変更として、日商簿記2級の「商業簿記」に新しい論点が追加されます。
 
以前は、新しい論点があると1級に追加されるのが恒例でした。そのため、1級の出題範囲はかなりボリュームがあり、2級の範囲と大きく差が開いている現状がありました。
 
1級に追加されていた、これらの新しい論点の中でも、一般的な中小企業で必要とされる知識があります。
 
そういった実務で求められやすい論点が。1級から2級に段階的に追加されるようになっています。
 
ただ一度に追加すると、受験者の負担になるため、「平成28年度」「平成29年度」「平成30年度」の3年間にわたり段階的に追加されるようになっています。
 
図を見ての通り、平成30年までは年度ごとにドンドン新しい論点が追加されていきますので、日商簿記2級を目指したい方はなるべく早めに合格をする方が、勉強する範囲が少なくてすみます。

出題範囲の削除について

2級に、新しい範囲が追加される説明をしましたが、一部削除される論点もあります。
 
従来の範囲の中で、実際に実務ではあまり使われていない知識もありました。そういったものは、平成28年6月の試験より削除されています。

出題範囲改定の意図

試験の改正の話をすると、多くの受験者からは嫌な顔をされます(^^;)

2級の勉強が従来より大変になることは明らかなので、誰だって嫌ですよね。

正直に言うと、私たち簿記講師にもかなりの衝撃でした。教える立場もさらに勉強し、工夫していかなければなりません。

ただ、今回の改正は「実務で求められる知識(論点)の追加」「実務であまり使われない知識(論点)の削除」が行われるため、日商簿記2級が今まで以上に役に立つ、実践的な資格になるといえます。

その分、2級の取得は今まで以上に価値があるものになるでしょう。ぜひ、取得を目指して頑張って頂きたいと思います。

日商簿記2級の今後の学習のコツ

試験改正で出題内容がどんどん変わっていくため、教材は必ず新しいものを使用しましょう。 

大手の簿記の学校であれば、年度に対応した新しい教材が扱いされていますが、小規模の学校や教室は要注意です。

新しく追加される論点は、もともと1級の論点ですが、簿記講師は1級を取得していない方も多く、知識不足の講師も出てくるかもしれません。

その点からも、今の時期は「大手」と呼ばれる学校を利用した方が確実でしょう。
 
独学で学習される方は、特に注意が必要です。新しい論点は過去問題などの出題実績もありません。独学者にとっては合格が難しくなってくるでしょう。
 
簿記講師がおすすめする、簿記の学校ランキング ベスト3」では、新しい論点にしっかりと対応している学校を選んでいますので、参考にしてください。

また、平成29年度の変更点については、「日商簿記2級 平成29年度出題区分の改定について」にて詳しく説明しています。

 

日商簿記3級に関して

平成28年6月の試験より、3級に関しても若干の変更点がありました。
 
現在のところ、平成29年度以降の変更が発表されておりませんが、日商簿記2級の時代区分改定の後、3級に関しても出題範囲の変更がある予定です。
 


 



-簿記総合情報

Copyright© 簿記の学校サーチ , 2018 All Rights Reserved.