簿記総合情報

​簿記から始まるステップアップの道

更新日:

みのり
ご覧頂きありがとうございます。この記事は、現役の簿記講師の「みのり」が執筆しています。

皆さんは、簿記の資格が無事取れた後、どのような夢を描いていますか?

経理部門での活躍?希望する仕事への転職?
 
簿記の資格は、それだけでも経理分野を中心とした仕事で、すぐに役立てることができます。
 
しかし、それだけではなく簿記の資格を起点として、さらにステップアップをすることで、各分野での専門家として活躍することもできるようになっています。
 
簿記から始まるステップアップとして、人気の職業(資格)をご紹介します。

公認会計士

 
職業会計人の最高峰といえば、公認会計士です。

独立して活躍する方もいれば、大手企業に所属して経理分野の重要な役割を担っている方もいます。
 
公認会計士は受験をするのに、特別な受験資格等は必要ありません。

しかし、公認会計士試験の内容が簿記資格の延長となるため、公認会計士を目指す方の多くは日商簿記1級の試験を受験します。
 
日商簿記1級合格が、公認会計士の登竜門であるとも言われることが多いです。

税理士

税理士は、税に関する業務のプロフェッショナルです。

公認会計士と同様、独立開業が出来る資格です。

税理士試験は5科目の合格が必要ですが、受験が必須な科目である「簿記論」「財務諸表論」に関しては、日商簿記の試験範囲と被るとことが多いため、税理士試験の前提として簿記(2級または1級)を学習する方も多いです。

また、税理士試験を受験するには一定の受験資格が必要です。

受験資格に満たない方は、日商簿記1級、または全経簿記上級を取得することで、税理士試験の受験資格を得ることができます。

そのため、税理士試験を目指す方は、受験資格目的で日商簿記1級(または全経簿記上級)を目指す方も多いです。

中小企業診断士

 中小企業診断士は経営のコンサルティングのプロです。
 
経営に関する業務であるため、簿記の基本的な知識は必須と言えるでしょう。

また、中小企業診断士を受験するときに、重要な試験科目として「財務・会計」があるため、簿記の知識が必要です。

そのため、受験前に簿記2級程度の学習を進める方が多いです。

ファイナンシャルプランナー(FP)

 資産の運用方法のアドバイスや、ライフプラン設計のアドバイスを行うファイナンシャルプランナー。

金融業界に勤める方に人気の資格ですが、自分自身の人生設計にも役に立つ資格であるため、多くの方に人気の資格となっています。

社会保険労務士

会社の社会保険に関する分野や労務に関する家の専門家です。
 
健康保険料、厚生年金保険料、または給与計算等の処理も行うため、簿記の知識があれば業務を円滑に進めるのに役に立ちます。

 


 

簿記を勉強すれば、あなたのスキルアップにつながる可能性も高いです。

あなたが様々な分野で活躍されることを願っています。


 



-簿記総合情報

Copyright© 簿記の学校サーチ , 2018 All Rights Reserved.