簿記総合情報

簿記の端数利息の計算で出てくる日数の数え方

更新日:

みのり
ご覧頂きありがとうございます。この記事は、現役の簿記講師の「みのり」が執筆しています。

皆さんは、「1月が31日まで、2月が28日まで、3月が31日まで…」のように、各月の日数を数えるとき、日数が少ない月・多い月をどのように覚えていますか?

簿記の問題でも、この日数計算は良く出てきますよね。皆さん色々な覚え方をしていて、とても面白いです。

そこで、今回は良くある「各月の日数の覚え方」をご紹介します。

拳をグーにして考える方法

これが一番多い考え方です。

拳をグーにすると、骨が出る部分を指と指の間の窪む部分がありますよね。その凸凹を各月に見立てる考え方です。

まずは、人差し指から小指に向けて凸凹にあわせて月を数えて行きます。

日数計算

小指まで来たら、次は小指から人差し指に向けて月を数えて行きます。

日数計算

すると、凸の部分に当たる月(1・3・5・7・8・10・12月)と凹の部分に当たる月(2・4・6・9・11月)に分かれます。

凸…31日(日数が多い)

凹…30日(日数が少ない・2月は28日)

という覚え方です。

「おじいさん、おばあさんに習った!」とう方も多いので、昔からある考え方のようですね。

西向く士(ニシムクサムライ)で覚える方法

次に多いのが、「西向く士(ニシムクサムライ)」という語呂合わせで覚える方です。

ニ…2
シ…4
ム…6
ク…9
士(サムライ)…11
※士の漢字が、縦書きの漢数字の11に見えるから

この、「ニシムクサムライ=2・4・6・9・11」の月が日数が少ない(30日or2月は28日)と覚えるやり方です。

 

簿記で良く出てくる、端数計算の例題

簿記の問題で日数計算が必要なシーンと言えば、苦手な方も多い端数利息の計算問題ですね。

端数利息の例題

かつて売買目的のため額面100円につき96円で購入していた額面10,000円の社債を、5月15日に額面100円につき97円で売却し、端数利息とともに現金で受け取った。なお、利率は年7.3%、利払い日は12月末(年1回)で、端数利息は1年365日として日割り計算する。(会計期間は、1月1日~12月31日である)

この場合、利息が日割り計算であるため、まずは利払い日の翌日(1月1日)から売却日(5月15日)までの日数を計算する必要があります。
※簿記の端数利息の計算は、通常利払い日の翌日から計算します。

通常の流れで考えると、以下のような考えの流れになります。

(1)日数の計算

  • 1月は31日までなので、31日間
  • 2月は28日までなので、28日間
  • 3月は31日までなので、31日間
  • 4月は30日までなので、30日間
  • 5月は15日売却なので、15日間
  • 31日+28日+31日+30日+15日=135日

(2)年利息の計算

10,000×7.3%=730円

(3)端数利息の計算

730円×135日÷365日=270円

慣れるまでは少し難しい計算ですね。

電卓の「日数計算」機能が便利で速い!

日数の考え方では無いのですが、電卓の中には「日数計算」機能が搭載されたものがあります。

この機能を使うと、数秒で日数計算できるので、簿記検定試験の時はとても便利です。

ご自身の電卓を、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

もちろん、試験の本番でも使用が許可されている機能です。

日数計算は簿記の試験で役立つキーが搭載された電卓の選び方・おすすめ電卓は、「簿記検定に最適!おすすめ電卓の紹介」の記事で詳しく紹介しています。


 



-簿記総合情報

Copyright© 簿記の学校サーチ , 2018 All Rights Reserved.